平成11年設立の三重県四日市市のリフォーム倶楽部は屋根リフォーム・壁リフォーム(雨漏り修理)、すっきりリフォームを得意とするトータルリフォーム会社です。

お役立ち情報

四日市市の「太陽光発電システム設置」の助成制度の応募が始まります。

2003/06/12
    

mini-mama四日市にお住まいの方は広報をご覧になりましたでしょうか?平成12年度から始まった制度だそうです。今年ももうすぐ募集が始まります。実はりょう子さんのお家の屋根もこの制度を利用して、太陽光発電を設置されたそうですよ!それも(財)新エネルギー財団 (NEF)の助成金(個人応募用)とダブルで!このページの最後にコメントを寄せていただきましたので見てみてくださいね!(byこぶたママ)

□応募資格

1) 新エネルギー財団の補助を受けて太陽光発電システムを設置しようとする人(財団の地方公共団体協力応募用を利用)
2) 市内で自らが所有し居住する住宅について、次の1 2 3のいずれかに該当する人
1.システムを既設住宅に設置する
  (ただし、補助対象者の確定より前に、システム設置
  工事に着手していない)
2.住宅の新築に合わせてシステムを設置する
  (ただし、補助対象者の確定より前に、住宅の新築
  工事 に着手していない)
3.システムが設置された新築住宅を購入する
  (ただし、補助対象者の確定より前に、住宅の売買
  契約 を結んでいない)
3) 補助対象者に確定した日から60日以内にシステムの設置工事もしくは住宅の新築工事に着手、またはシステム付き住宅の売買契約を締結できる人
4) 平成16年2月28日までにすべての工事を完了(設置工事、竣工検査、支払いを終了して電力需給契約を締結)し、設置完了届を提出できる人
5) システムの設置後、電力需給内容について報告していただける人(システムの使用に関する体験談やご意見をお伺いすることもあります)
□補助金額
  システム1キロワット当たり 4万円(上限・4キロワット)
□募集件数
  25件程度(予算の範囲内で募集。募集件数を超えた場合は抽選)
□募集期間
  平成15年6月16日(月)~7月11日(金)
□募集方法
  補助金交付申請書を郵送(書留郵便)または持参
□補助対象者確定の通知
  平成15年7月下旬に申請者本人に通知
四日市市の広報のページはこちらからどうぞ>>

ryoukoこんにちは!私は施主であり、工事業者なので、その経験からお話させていただきますね!(家庭のふところにもかかわってきますので、必死でした!(^^ゞ)助成金は多く受けた方がいいに決まっていますよね!
(財)新エネルギー財団も四日市も書類の提出内容は、さほど変わりはありませんので、設置したいと思っているなら早急に手続きを始めた方たいいと思います。

というのも、
たしか(財)新エネルギー財団は早い者勝ちですし、全国規模での募集ですので、競争率が高いのです。その上、最近は住宅メーカーが設置販売しているので、申請数も多くなっています。四日市市の場合は応募者多数だと抽選ですのでこちらは急ぐ必要はなさそうですね。

(財)新エネルギー財団の申請書や詳しい募集要項こちらから
  http://www.solar.nef.or.jp/
  上記サイトには、設置された方からのアンケート結果などが掲載されていて
   今後、設置をお考えの方には、お役に立つのではないでしょうか?

四日市は環境部環境保全課0593-54-8188へお尋ねください

15年度(財)新エネルギー財団は105億円それを個人と地方自治体へ割り当てます。
四日市の助成事業もその一部となるわけです。

通常一戸建て住宅ですと、3KW~4KWの設置ですが、助成金額は(財)新エネルギー財団は1KWあたり9万円、四日市は4万円ですね。

私が申請した、平成13年度設置当時(財)新エネルギー財団は、1KWあたり12万円。四日市は8万円の助成金を頂きました。今年を見てみると、だんだん減ってきていますね。当時、四日市には132KW分の設置予定の枠がありましたが、今年は最高4キロの募集25件程度なので、100KWほどかな?やはり、減ってきています。(この先減る一方だそうです。その逆で、設置する機材の価格が安くなっていくとの話もあります)

(財)新エネルギー財団のHP見ていただくと、施工できる事業者を検索でき、弊社は(有)伊藤鈑金工作所で登録してあります。

申請も弊社が責任を持って、お引き受けさせていただきます。(自宅での経験者なので、ご安心ください(^o^)丿)また、ご相談や素朴な質問もどんどんお寄せください。
メール:info@reformclub.co.jp
電話:0120-84-6636

【伊藤家の申請・設置後の様子】

その後、中部電力へ電気を買っていただく契約しました。

そうして、無事工事終了すると、メーカー(当家の場合は松下さん)の担当者と電気工事業者の立会いで、竣工検査をし、後日中部電力の方も確認にいらして完工届を提出して無事終了です!
肝心の助成金は・・・四日市は比較的スピーディに振り込まれましたが、(財)新エネルギー財団は年度末でした。(T_T)

その後は使用状況調査報告書を(財)新エネルギー財団は半年に一回、
四日市は年一回送付するだけです。
これは一ヶ月間どれくらい発電したかを表に記入するのですが、
発電量はモニターが記憶してくれているので、ウッカリしても大丈夫です!!(^^ゞ

こんな感じですが、やはり気になるのは工事金額かな?
(こちらは、弊社のページから!)
自宅の場合助成金を引くと、200万円程度になりました。
それを、何年でペイできるか?あたりでしょうか・・・
それらは、各太陽光発電システムのメーカーさんのパンフレット等に
掲載されてりますから、そちらを見られるといいかな?
上記の(財)新エネルギー財団のHPも参考になりますね!

といいますのも、私の自宅の場合は、参考にならないのです!(T_T)
設置当時、「エコキュート」なるものも無かった、そうして、発売されてからも
それを設置するスペースが無い!
(四日市の古い市街地なので、建物が隣家と接して建っているのです)
その上、給湯はガスですし・・・
(これは、大家族(2世帯)なので「追い炊き」が欲しかった為・・・)

ペイは難しいかな?と分かっていて設置した理由は?
『地球温暖化の防止に協力できればいいなぁ』という思いからでした。

他の環境問題として、会社としても「ごみ問題」にも取り組む準備中です!

我が家の14年度年間総発電量は4682kwhでした。

中部電力に売った電力量は1584kwh
総消費電力量(中電からの買電力量に太陽光発電の自家消費電力を加えた量)は13783kwhでしたから34%を太陽光発電でまかないました。
二世帯住宅ですから消費量は半端じゃありませんね!

初期投資はかなり勇気がいりましたが助成金のおかげで踏み切れたのもあります。

これで利益を得ようという目的よりも、毎日太陽光がふりそそぐ限り黙って働いてくれることを利用させてもらっているという感じです。

太陽光がある限り停電になっても我が家には電気が作られます。
しかし、夜停電になってしまうとダメですが・・・(蓄電はできないのです)

最後に、出来るだけこのシステムを有効に活用する方法はいろいろあります。
太陽光発電とエコキュートを利用してオール電化にすると、けっこう節約できると思いますし、いろいろなメーカーさんもあり、パターンもあるようです。
詳しくは中部電力さんのHPや、各メーカーさんのHPでどうぞ!