平成11年設立の三重県四日市市のリフォーム倶楽部は屋根リフォーム・壁リフォーム(雨漏り修理)、すっきりリフォームを得意とするトータルリフォーム会社です。

その他

ZeroD-Roof システム スレート改修用カバールーフ屋根葺き工事施工例【夏編】

2006/08/10
    

〔036〕 桑名市 M様

ご要望
今までは倉庫として使用していたが、研究室にするため、室内の温度を夏は涼しく・冬は暖かくしたい。

Before After

施工前の屋根
→ ZeroD-Roof(ゼロディールーフ) システム スレート改修用カバールーフ屋根
山波ルーフを張りました。

現場成型の様子をご覧ください。


施工前

施工前

転落防止ネット敷き

既設スレートのフックボルトを利用し、
専用サドルを取り付けます。

金属タルキ取付
(通し母屋固定金具)で母屋を固定します。

既設スレートには穴をあけません!

下地完成

屋根材取付

屋根材取付

屋根材取付

既存スレートとの二重構造により断熱性が
格段に向上します。

ケラバ部分

屋根材:山波ルーフ

ZeroD-RooF ゼロディールーフ
(無塵工法)は屋根材を選びません。

施工後 換気棟取り付け

施工後 工期 4日間

お客様の声
とてもこの屋根と屋根の工法が気にいりました。
もう一棟もこの屋根を葺いてほしいのでよろしくお願いします。

担当者より
老朽化した工場施設の屋根を短期間で見栄え・強度を改善します。
このゼロディールーフの工法は、既存の屋根を解体せずに屋根が二重構造になるので、屋内環境の断熱性・防音効果が向上します。
また、この工法は既設スレートにはいっさい穴を空けない、つまり内部に切屑などは落ちないのです。屋内の業務は稼動したまま改修でき、短い工期でリフォームできる素晴らしい工法です。。
今回はこの工法に、山波ルーフという屋根材を葺きました。
なんと、このゼロディールーフというのは屋根の材料のことではないそうです!
既設の屋根材の上に特殊な金具を使って施工するこの「無塵工法」自体の名称だとか。
そう、この工法のメリットは詳しくこちらのゼロディールーフのページで紹介されていますが、何よりも施工前と後の室内の温度差だというのです!
施工前に屋根の裏の温度を、久木元さんと社長が測ったそうです、そうして施工後に測定に行くと・・・8度の温度差が!上の記事内でと大々的に発表したいところですが、施工前の温度測定の写真はあるのですが(二人で行きましたので。。。)、施工後は一人で測定したため、写真が取れなかったのです。ですので、ここでこっそりと発表させていただきます。(苦笑)

この時の屋根の裏面の温度は31度でした。その後、工事終了後日にちが過ぎてしまい、外気温の変化もあり、正確に同じ条件での測定が無理だということで写真撮影は断念。
来年、同じ時期に測定に行ってまいります!!!とのことです。
こちらのお客様のところでは、別の建物も同じゼロディールーフでの工事が決まっているので、その建物でも計りたいと思いますが、今は冬ですから、夏とはまた違った記録となりそうですね。

最近、こちらの工法でのお問合せが増えているようです。工場や作業場など、暑さ・寒さ対策に、またアスベスト対策にいかがですか~?