平成11年設立の三重県四日市市のリフォーム倶楽部は屋根リフォーム・壁リフォーム(雨漏り修理)、すっきりリフォームを得意とするトータルリフォーム会社です。

キッチン・水周り(浴室・洗面・トイレ)リフォーム

キッチンリフォーム&床材張替え施工例

2006/10/05
    

〔035〕桑名郡木曽岬町 M邸様

キッチンリフォーム&床材張替え施工例
ご要望
キッチンの部屋の古い床、壁、天井を貼り替えたい。
足が悪いのでスリッパは履けません。
特に床が寒いのが気になります。

Before After
キッチンリフォーム ビフォー
ダイニングキッチンタイプでした。
→ キッチンリフォーム アフター
対面キッチンに変更!

完成時・工事中の写真です。
壁を設けて、対面キッチンにしました。 壁面は一面収納です。
こんな風に壁ができました。 食器棚もあって収納能力は抜群!
コンロ周りもお掃除ラクラクです。
コマーシャルでもしてますね。(^^ゞ
床を温かく!ということで、
無垢のもみ木を施工しました。

お客様の声
使ってみて、モミの木の床材は(柔らかい素材なので)、多少傷がつきやすいと感じました。
しかし、以前は床にいくつかカーペットを敷いていましたが、今はそれがなくても足元に温かみを感じます。

担当者より
大半はこの部屋でテレビを見たり、食事の準備等をして過ごされるそうで、スッキリきれいにしたいというお話でした。
テレビが見れて少しでも広い空間に見えるような対面式キッチンをご提案致しました。
たくさんの物が収納できるよう収納棚も設置しました。
旦那様は「スリッパを履かなくても足元が暖かくしてほしい」とのことで、無垢材のモミの木の床材を使用しました。柔らかい素材で蓄熱性に優れ、耐水性も優れています。

【メリット】
●滑りにくく、歩きやすい。
●素足でもヒヤっとしない。
 ※蓄熱性=適温を維持、冷暖房費省エネにもなりますね
●優れた消臭効果。
●耐水性、吸音性に優れ、自然素材なので体に優しい。

【デメリット】
お客様の感想にもありましたが、やわらかい素材なので、今までの合板のフローリングよりも傷がつき易いところです。
また、自然素材なので季節によって収縮があります。吸収性もいいので保護のためのお手入れを定期的にしていただくと長持ちすると思います。

今回のリフォームも素敵ですね。無垢の床材と柔らかいキッチンの色がとっても似合っていますね。
今、自然素材が注目を集めていますね。
自然素材には何にも変えられない良さがある一方。工業製品に慣れている私たちにとって、「欠陥?」と思うようなことも起こるようです。

でもそれは自然素材ならではの「現象」に過ぎません。昔なら当たり前と思われていたこと。
なので、自然素材を使われる場合、事前にその素材の特性、起こりうる現象、それに伴う作業または、綺麗に保つために必要なメンテナンス方法などをよく聞いてから、納得しての使用をお勧めします!!!

私個人的には、戦前の家で育ったせいもあり、「柱の傷はおととしの~♪」という感じで、傷も味だと思っているので全然大丈夫なのですが~!(^^ゞ建具にしても夏と冬では動きが違ったりね!

さて、今年ももう少しで終わりです。「来年こそは、リフォームを!」を思われている方。
是非、このお正月にじっくり「家族会議」してくださいね~!