平成11年設立の三重県四日市市のリフォーム倶楽部は屋根リフォーム・壁リフォーム(雨漏り修理)、すっきりリフォームを得意とするトータルリフォーム会社です。

その他

和室の壁 張り替え工事施工例

2007/05/07
    

〔050〕 三重郡川越町 S様邸

和室の壁 張り替え工事施工例
ご要望

かなり以前から1階の2間続きの和室及び押入れのカビ臭さに悩んでおりました。と言ってもどこをどう改善していいかもわからず、ずっと困っておりました。

リフォーム倶楽部さんには、これまで襖や障子の張替え、洗面所の床の張替え、キッチンの蛇口の交換等を行っていただいた経緯があり、細かな仕事でも丁寧にして下さったので大変有り難く思っておりました。

そこで今回もリフォーム倶楽部さんに相談してみたところINAXさんのエコカラットを紹介していただき、思いきって工事をお願いすることにしました。 

Before After
施工前 和室
施工前は塗り壁(じゅらく壁)でした。
→
施工後 和室 エコカラット施工
エコカラットはニュージュラク
(黄練色)を張りました。
施工前の床の間
施工前の床の間です。
壁と同じ色で仕上がっていました。
→ 施工後の床の間
施工後の床の間です。
エコカラットはニュージュラク
(利休鼠)を張りました。
押入れに下地のコンパネを張りました
ベニア仕上げだった押入れの壁に
エコカラットの下地となるコンパネを張りました。
→
押入れにもエコカラット!
エコカラット施工後の押入れです。
まるで飾り棚のよう?(^^ゞ

完成は下記のように素敵な和室になりました!
エコカラットに変えただけで、ぐっと高級感が出てきました。
これにはお施主様と一緒に驚きました。
床の間だけ色を変えたのも、とてもいい感じに納まりました!

 

 

今回使用したのはエコカラットの中の「パッチンカラット」という種類のものです。
エコカラットの詳細は下記のURLでご覧ください。
健康建材 INAX エコカラット

パッチンカラット自体の商品紹介ページは無いのですが、バリエーションは通常のエコカラットと同じです。
簡単に施工できるので、インターネットショップでも販売されているようです。

では、簡単ですが、どんな風に施工されるか見てください。


【1】床の間のサイズを測り、
タイル割りを決めます。


【2】一枚ずつサイズを調整します。
割り当てどおりエコカラット一枚を切ります。

【3】専用接着剤を塗ります。

【4】一枚一枚、手作業で張っていきます。
一枚張っては次の作業をします。

【5】2枚目は下と横の耳の間に
差し込んでいきます。
そして、耳の部分をタッカー留めします。


【6】綺麗に仕上げるため
かなづちで丁寧に打ちつけます。
※拡大写真は会社にあるサンプルの写真です。

お客様の声

エコカラットはあまり見かけたことの無いものでしたので、当初は不安もありましたが、出来上がってみるとカビ臭さもなくなり、特にひどかった押入れのカビっぽさも改善されました。明るめの色を選んだので部屋の雰囲気も明るくなり、モダンな和室になった気がしています。思いきって工事をお願いして良かったと思います。また、途中私どもの無理もかなり聞いていただき、ありがとうございました。

今後何かのリフォームを検討する際も、お願いしようと考えています。大変お世話になりありがとうございました。

担当者より

はじめにお伺いさせていただいた時に、和室のカビ臭さを大変気にされていました。その為、お子様へのアレルギーの心配もされているということでした。そこで、今回提案させていただいたものが、INAXのエコカラットです。

この商品は有害物質を吸着し、湿度の調整や、結露の発生を抑えてくれる効果があります。特に気にされていた押入れの床下には備長炭を敷きました。こちらも湿度の調整をし、消臭作用のあるものです。

工事中は、ほこりなど大変ご迷惑をおかけいたしましたが、S様にはそのような生活の中で協力していただき感謝しております。ありがとうございました。

これからリフォームされる方へのワンポイントアドバイス!

●有害物質を吸着し、湿度の調整や、結露の発生を抑える壁材!

お待たせいたしました!TOPページの一押し商品で紹介していたエコカラットの施工例です。かび臭いというお悩みでお電話いただいたそうですが、実はお邪魔した塚田はその時鼻炎で、和室に入っただけでは分からなかったようです。そこで、押入れの扉を開けてみると、「ほら?カビの匂いがするでしょ?」とお客様に言われても「???」だったと(~_~;)。そこで、押入れの床板をめくってみると!「わっ!本当ですね!」という笑い話のようなエピソードがあったようです。

でも、写真でご覧いただけるように、床下は至って綺麗!湿気も無く、もちろん木材も土も湿っていません。
布基礎の形で空気の流れ90度に曲がる場所にあたっており、そこが押入れという場所であるために床板が普通の部屋の仕上げより機密性が低かったために、臭気が上がってきていたようです。そこで、上の塚田のコメントにあるように、押入れの床下に備長炭を引き、内部の壁をエコカラットで施工されたようです。さて、そのエコカラットの説明です。

●エコカラットのメリット●

  • 有害物質を吸い取り、空気をキレイに!!
  • 結露の発生を抑制します。
  • 湿度調整機能で乾燥対策。
  • トイレやペットの臭いを大幅に軽減。

【 今回使用したエコカラットの色 】

・和室→ニュージュラク(黄連色)  ・床の間→ニュージュラク(利休鼠)

詳しくはINAXさんのページでどうぞ!⇒健康建材 INAX エコカラット

湿気は木造のお家にとって”大敵”です。気になることがありましたら、早めにチェックしてください!
お家はメンテナンス次第で長持ちします~(^o^)丿。