平成11年設立の三重県四日市市のリフォーム倶楽部は屋根リフォーム・壁リフォーム(雨漏り修理)、すっきりリフォームを得意とするトータルリフォーム会社です。

ビフォーアフター

屋根工事施工例

2016/01/27
    

〔082〕 四日市市  0様邸

 

 

使用屋根材
・KMEW ROOGA雅(モダンブラック)
・金属屋根アポロルーフ(ギングロ)

ご要望

・雨漏りを直したい
・既存の建物にも合う屋根にしたい

 

 
Berore リフォーム前   After リフォーム後
yajirushi

陶器瓦屋根(上)と金属製瓦棒屋根(下)でした。

 

瓦屋根はROOGA、瓦棒屋根は横葺きのガルバリウム鋼板を施工しました。

yajirushi

現地調査の際、瓦の大きなズレを確認しました。

 

和風タイプのROOGA「雅」を採用。下地にビスで固定する乾式工法で施工しました。(洋風には「鉄平」がお勧めです。

yajirushi

IMG_2761

   

取り合い部分(屋根材が変わる箇所)には大きめの谷樋を取り付けました。

 

 

~ 施工の様子 ~


新しく下地を作るために瓦と壁土を撤去しました。

瓦の落下や土ホコリ等、近隣の方のご迷惑にならないよう十分注意する必要があります。

今回は暑さ対策のため、屋根と野地板の間に断熱材を施工しました。

 

 

担当者より

営業アドバイザー:住田

現地調査の際、瓦の大きなズレを確認しました。

また、増築部分(青色屋根)と瓦屋根との間で施工不良があったため、横風を伴う雨や大雨等で雨漏りしやすい状態でした。
そこで今回は瓦屋根・壁土を撤去し新しく軽量瓦ROOGA(ルーガ)で葺き直し、増築部分には上から横葺きの金属屋根を重ね葺きしました。

施工不良だったところには大きな谷樋を設けたので、雨水の浸入をバッチリ防いでくれます!

これからリフォームされる方へのワンポイントアドバイス!

【和風の屋根の葺き変えに】

今回採用いただいた「ROOGA雅」は一般の陶器瓦に比べ半分以下の重さで建物全体の重量を軽くし、重心を低く抑え地震の揺れを小さくします。また、施工は乾式工法で行うため、屋根全体の軽量化だけでなく、台風による飛散や地震時の瓦のズレ、落下を防ぎます。
美観に優れ、重圧感のある仕上がりのため、 瓦屋根の和風建築の葺き替えにピッタリな屋根材と言えます。 詳しい性能はKMEWさんのWEBページ