リフォーム倶楽部

私たちとコミュニケーションリフォームをしませんか?【三重・四日市 リフォーム倶楽部】

ビフォー・アフター

トップページビフォー・アフター> バリアフリーリフォーム施工例


〔039〕  鈴鹿市桜島 H邸
バリアフリーリフォーム施工例
ご要望

祖母が入院し、車椅子を使用するので暮らしが楽になるよう段差をなくしてほしい。

Before
 
After

勝手口がありましたが、
ここからのスロープは長さが足りません。
→
和室を洋室に変更し、
部屋から直接出入りできる扉を設置しました。

既設のキッチンです。
洗面所が左端にありました。
→
ミニキッチンを設置。
間仕切りもなくして、開放的に!

部屋の間にあった小さい段差ですが、
車椅子には大きな段差なのです。
→
段差を全てなくしました。
引き戸も開口部が広く、敷居もありません。

リフォーム前
→
リフォーム後

お客様の声

祖母の入院していた病院から、段差の多い部屋をみて、 部屋を改装しなければ生活できないので退院させることは出来ないといわれ、担当者の鈴木さんに相談しました。
電話してから3日後には工事を着工してくださり完工も早かったので無事祖母も退院できました。
祖母もリフォームされた部屋を見て大変喜んでいました。
スロープがついたのでこれからも車椅子での外出ができます。
鈴木さんには素早く対応していただき本当に感謝しています。


担当者より

お客様のご希望の工事完了日は出来るだけ早くしてほしいということで、御見積書の提出・工事への指示等出来るだけ早く工事を着工するために迅速な対応を心がけました。
また、車椅子を使用するということで、畳の部屋もフローリングにし、対面キッチンにして10畳の広い部屋にしました。
また扉も引き戸になったので扉の開け閉めは簡単にできます。
そうして、少しでも生活自立を可能にし、生活意欲を盛り立てる為に、トイレはベットの横にポータブルトイレを設置しました。
また、古い家だったので床が傾いており段差をフラットにするのに苦労しましたが、綺麗な仕上がりとリフォームプランにお客様に納得していただけて大変うれしく思います。




退院おめでとうございます!慣れたお家で過ごせるって、本当に嬉しいですね。お客様の声にもありましたように、おばあさまもさぞかしビックリだったでしょうね。
部屋も広くなり、寝室に洗面所とミニキッチンも設置され、車椅子で自由に動くことが出来そうです。
また、外出のためのスロープも上手く納まって、何よりです。
外出時に車椅子をお二人で吊り上げて。。。という方も、お見かけしたことがあります。
これでしたら、お一人の介助で気軽にお出かけできますね。

鈴木さんが一生懸命勉強した福祉住環境コーディネーターの勉強が活かされました!!ミニキッチンの横にある棚も便利そうですね〜!

このように、退院となったときは、短期間でのリフォームが必要になります。でも、ご家族の方にとっては、とっても嬉しいことですもんね!今回の工事の、工事の職人さんたちにも、ご協力いただいたことだと思います。

バリアフリー工事でお困りの方は、是非、ご相談くださいね。

フリーダイヤル:0120-84-6636



ビフォー・アフターINDEXへ戻る お気軽にお問合せください。
▲PAGE UP
リフォーム倶楽部 〒510-0033 三重県四日市市川原町33-1 TEL:0120-84-6636/059-333-6800 FAX:059-333-7730
施工地域 四日市市・菰野町・川越町・楠町・鈴鹿市・桑名市・その他
リフォーム倶楽部 http://www.reformclub.co.jp/ お問合せはフリーダイヤル0120-84-6636までお気軽にどうぞ!土・日・祝も受付いたしております 初めにお読みください おすすめHP 会社概要 お問合せ このサイトのトップへ戻る