平成11年設立の三重県四日市市のリフォーム倶楽部は屋根リフォーム・壁リフォーム(雨漏り修理)、すっきりリフォームを得意とするトータルリフォーム会社です。

屋根の重要な仕事


重要な仕事

暮らしは屋根の下で営まれています

屋根は建造物の中で行われる人間の様々な営み、活動を雨露、風雪、寒暑、ほこりなどから守る覆いとして、屋根はなくてはならない建築物の基本的要素です。


雨露一口に雨が漏ると言いますが、事は決して簡単ではありません。人により、場合により異なり、容易に原因が定まらないのが実状です。それほど雨漏りは複雑な現象であると言えるでしょう。瓦の裏側に雨水が回ることをもって直ちに雨漏りとするか、建物の構造体や室内に何らかの被害が及んだ場合に初めて雨漏りと定義するかによって雨漏りに対する考え方も異なり対策にも違いがでてきます。


強い陽射しを遮る夏の盛りの屋根の上は、とても素足で歩けたものではありません。瓦(屋根材)だけでなく屋根下地や天井の断熱性が悪いと昼間の著しい温度の上昇によって室内に激しい灼込みを生じる恐れがあります。


地震・台風に耐える屋根は家の根っこを意味する”家根”とも言うように、屋根が傷んでは建物そのものの存立も危うくなります。簡単に崩れたり、吹き飛んだりせず、火災が起こった時も建物の延焼を防ぐため燃えないことも必要です。


外壁を守る屋根の持っている隠れた仕事の一つとして屋根庇による外壁面を雨から守り、壁面からの雨水の浸入を防ぐ作用があります。又、窓の上に付けられた庇は室内に陽射しが差し込むのを防ぎ、室内が高温になるのを防ぎます。


日本には四季があるため、年間100℃近い温度差に耐え、大気汚染による酸性雨、海岸沿いの塩害などにも耐えなけれがならず、屋根はいつも過酷な条件にさらされています。長持ちする材料で、しっかりした施工、メンテナンスが必要です。


「雨露を凌ぎ、強い陽射しを遮るものとして、遠い昔に私達の先祖によって考え出された、言わば住まいの原型」でもある屋根。とりわけ降水量の多い我が国でいまもって悩まされるのは雨漏りです。雨露を凌ぐと言うことが屋根に求められる第一の機能でしょう。

◆ ◆ ◆

雨に加えて地震や台風、四季の変化にも屋根は耐えなければなりません。真夏の黒い金属屋根の表面は90℃近くになると言われます。屋根の断熱性、通気性を無視していては室内への激しい灼け込みに悩まされることになるでしょう。また、音の出やすい材料の場合にはなんらかの遮音設計が必要です。

◆ ◆ ◆

さらに施工性が良く、メンテナンスの費用が少なくて済むことも屋根に課せられた条件です。この他に、今では採光、換気、太陽光発電、融雪といった機能も屋根に求められるようになってきました。
また、屋根は建物の”顔”でもあり、屋根の形状、デザイン、屋根材をどうするかによって建物の美観は大きく変わります。