リフォーム倶楽部

私たちとコミュニケーションリフォームをしませんか?【三重・四日市 リフォーム倶楽部】

初めにお読みください

トップページ初めにお読みください>2008年5月の言葉「滅公奉私」


滅公奉私

板金学校の入学式にて
板金学校の入学式にて

常日頃、私たちは仕事を通して社会に貢献することが人としての役目のはずです。すなわちそれは、公を重んじる心の良識が根底にあるはずです。弊社では、建築業という職種を通して公(人さま)の役に立つというものです。
以前大きな社会問題になりました耐震偽装が発覚してから、建築業界は一段と規制が厳しくなりました。その結果、建築確認の承認遅れや物件数の減少など、業界にとって大変厳しい時代となってきました。
このような状況を引き起こした要因には、今まで売り手中心の傲慢な考え方があったからではないでしょうか。
本来の日本人は、公を重んじる民族であったはずでしたが、戦後から現在にかけて段々と私(わたくし)が公(おおやけ)を逆転してしまった結果が今日の事件や問題を引き起こしたのではないでしょうか。

戦争を体験された先輩方のお話を伺うと、必ずその部分に触れられます。私たち戦後教育を受けた世代が今一度改めなければならない重要な問題だと感じております。

 

平成20年5月2日
リフォーム倶楽部 代表取締役伊藤 豪人

前の言葉へ今月の言葉リストへ次の言葉へ

▲PAGE UP
リフォーム倶楽部 http://www.reformclub.co.jp/ お問合せはフリーダイヤル0120-84-6636までお気軽にどうぞ!土・日・祝も受付いたしております 初めにお読みください おすすめHP 会社概要 お問合せ このサイトのトップへ戻る