リフォーム倶楽部

私たちとコミュニケーションリフォームをしませんか?【三重・四日市 リフォーム倶楽部】

屋根職人として

トップページ屋根職人として>屋根葺き替え工事・日本瓦→軽量FRP屋根瓦


屋根吹き替え工事  日本瓦から軽量FRP屋根瓦へ
屋根の葺き替えってどうやって進むのでしょう?見えない部分なので、間近で見ることがない工事の模様をご覧ください。質問等はお気軽にこちらまでメールくださいね!

※かわらUは現在制作されておりませんので、弊社ではカルカ・ルーフを施工させていただいております。
カルカルーフについて詳しくはこちらへどうぞ。

【工事の概略】
施工前屋根材 日本瓦
施工後屋根材 セキスイかわら
施工面積 150u(葺き替え前 屋根の重さ 22.6t)
工事期間 12日
総工事費 足場、本体工事、雨樋工事含め330万円
備考 *「製品」「施工」共に雨漏り10年保証付(この近辺では弊社のみ)


写真をクリックすると大きな写真が見れます。閉じる時はウィンドウ右上の閉じるボタンで閉じてください。
作業前:
 日本瓦(葺き土有り)
 こちらは、葺き替え前の屋根写真です。面積は、210uあり屋根重量は現在22.6tあります。

作業1:棟瓦撤去
 こちらは、屋根の頂点にある棟瓦を撤去している写真です。昔の建物ではたいてい棟の葺き土がたくさん使ってある事が多いです。このお宅でも、棟の葺き土だけで2tダンプ1車分ありました。

作業2:日本瓦撤去
屋根の上に乗っていた屋根材(日本瓦)を取り除いた写真です。屋根材の下にあるたくさんの葺き土が見えています。

作業3:葺き土撤去
 クリーンカーと呼ばれる葺き土を吸い取る専用の作業車で葺き土を取り除いているところです。足元に写っているパイプ状のものが、クリーンカーのホースです。この作業車を使うことにより、瓦撤去工事に発生するホコリを最小限に抑えます。これは、ご近所への配慮にもなり大変喜ばれています。

作業4:杉皮
 葺き土をすべて取り除き、土の下に敷いてあった杉皮の写真です。昔はこのように杉皮を敷詰め屋根材を乗せていました。今でいう防水シートの役割をしていたのです。

作業5:屋根
 敷詰められていた杉皮を全て取り除き、屋根本体にした写真です。私たちがいつもおこなっている屋根診断とはこの部分も含めて診断しています。一般的に屋根というと瓦と思う方がほとんどですが、瓦は屋根では無く屋根材です。本当の屋根とは、この写真の事です。この部分が痛んでいないかという事が重要です。

作業6:屋根(拡大写真)
 屋根下地材の拡大写真です。細い板で張ってあり、たくさんの隙間が見えます。

作業7:下地材取付け
ここから屋根作りの開始です。まず既存の下地屋根に、構造用合板を取付けていきます。構造用合板を取付けることにより屋根全体の強度が以前の7倍に向上します。その結果、地震時の横揺れに非常に強くなります。

作業8:下地完成
 構造用合板をすべて、屋根に取付けた写真です。

作業9:防水シート
 下地の木部への雨水の進入や、結露を防ぐために防水シートを敷詰めます。

作業10:縦桟木
 縦桟木を既存のたる木下地の位置に取付けます。この作業は11で行う横桟木が屋根面に直接付かない為に行います。強風などで万一雨が瓦の下に侵入したときにこの縦桟木のおかげで、横桟木が屋根面に接してないため雨が防水シートの上をつたい、軒先に流れていきます。

作業11:横桟木
 横桟木を取付けます。桟木の間隔は瓦を止める釘の位置にします。

作業12:割付
 セキスイかわらを施工するために、瓦割をします。

作業13:
 セキスイかわらU葺き
 本体瓦を割り付けにそって施工していきます。大判サイズなので施工スピードも早く二重吊り子で固定するため、強風や地震にも強さを発揮します。

作業14:ケラバ
 屋根の一番はしの納まり写真です。

作業15:空気層
 セキスイかわらはこのようにウエーブ状になっておりこの間を空気が通り断熱性能を高め雨音など外部の音を遮断する効果があります。

作業16:棟部
 屋根頂点の棟納まりです。下地材の下には雨の侵入を防ぐ面戸が取付けてあります。

作業17:棟瓦
 最後に棟瓦と鬼瓦を取付けます。屋根の顔が完成です。

完成:完成
 改修後の屋根重量は22.6tから9tに軽減されこれで地震・台風に強い新しい屋根の完成です。

2004年度は耐震診断を行っています。
三重県サイトの住まい安全安心21〜三重県の住宅の耐震化とバリアフリー化〜もご覧ください。


▲PAGE UP
リフォーム倶楽部 〒510-0033 三重県四日市市川原町33-1 TEL:0120-84-6636/059-333-6800 FAX:059-333-7730
施工地域 四日市市・菰野町・川越町・楠町・鈴鹿市・桑名市・その他
リフォーム倶楽部 http://www.reformclub.co.jp/ お問合せはフリーダイヤル0120-84-6636までお気軽にどうぞ!土・日・祝も受付いたしております 初めにお読みください おすすめHP 会社概要 お問合せ このサイトのトップへ戻る